アクロコルドンてどんなイボ?

MENU

アクロコルドンは首イボの代表選手!

「首イボ」の代表選手とも言えるのが「アクロコルドン」「スキンタッグ」

 

30代以降の女性で首から胸元にかけてできるイボの殆どは、この2つのうちのどれかとさえ言われています。

 

果たして私を悩ませる首イボはこのアクロコルドンあるいはスキンタッグなのか・・・?

 

真相を突き止めるために、まずはアクロコルドンの特徴や症状を調べてみました。

 

 

アクロコルドンとは

イボができる原因はウィルスによるものと肌の老化によるものの2つに分けられますが、アクロコルドンは少なくともウィルスによるものではないため、老化によるイボに分類されています。

 

と言っても実はアクロコルドンができるハッキリとした原因は解明されていないそうですが、肌のターンオーバーが遅れ出して古くなった角質が肌内部に残り、これが隆起してできたものという説もあります。
  
確かにお肌の曲がり角である30代に入ってから発症率が高くなるため、その説には説得力があるのですが、女性で特に肥満の人に多いということの説明にはなってないので、やっぱり今のところ原因はハッキリしていないと言えますね。

 

いずれにしても良性腫瘍なので過度に心配する必要はありませんが、見た目が気になるなら治療も可能です。

アクロコルドンの症状

アクロコルドンは皮膚の柔らかいところ、首やデコルテ、胸、脇、目元や瞼などにも発症します。

 

ただやっぱりその殆どは首だそうで、イボの中では最も小さく3mm以下、それ以上の大きさのイボはアクロコルドンとは呼ばず別の種類のイボに識別されます。

 

色も肌色〜褐色で、最初のうち突起もあまり大きくなく平らで柔らかなので目立たず、ちょっとしたデキモノかな、と放置してしまうことが多いのですが、放っておくと徐々に数が増えていき突起も大きくなっていくため目立ち始め、肌の触り心地も悪くなってしまいます。

 

 

 

実際、アクロコルドンを発症している方の殆どは、首からデコルテにかけてポツポツと無数のシミのような突起物を患っていらっしゃいますね。

 

痛みや痒みは殆どありませんが、場所によっては、例えば首元で襟と擦れあったり脇で汗にあたったりすると痒みや痛みを感じることもあります。

 

特にネックレスなどがアクロコルドンに引っかかって擦れてしまうと、炎症を引き起こし悪化するため、何かが擦れやすい位置にできているなら対策が必要かもしれませんね。


関連ページ

首イボの種類ーウィルス性と老人性
イボには大きく分けて、2種類あります。ウィルス性のイボと老人性のイボですね。首イボと言っても、ウィルス性のイボか老人性のイボかで治療方法が変わってきます。まずは、イボの種類を把握しておきましょう。その首のあるイボは、ウィルス性ですか?老人性ですか?
首イボの種類ー尋常性疣贅とは?
ウィルス性のイボである「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」について解説しています。尋常性疣贅の種類や症状、見分け方など。子供に多く高齢者にはあまり見られないイボですが、どの年代の人にも発症する可能性があります。「これは・・・」と思ったら、皮膚科を受診して下さい。
首イボの種類ー伝染性軟属腫とは?
「伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)」は、一般に「水いぼ」と呼ばれているイボのことです。ウィルスが小さな傷などから入り込んで感染し、感染した細胞が集まって膨らみイボとなります。私も子供の頃、よくできました。昔は「水いぼ=プールはお休み」という感じでしたが、今では違うようです。
首イボの種類ー扁平疣贅とは?
「扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)」は、30代の主婦層に多いと言われています。同じ主婦としては、無視できないイボですね。水や食器用洗剤などの刺激で手にできる「主婦湿疹」と勘違いして放置し、悪化してしまうケースもあるようです。人への感染を防ぐためにも、皮膚科を受診したようが良いでしょう。
首イボの種類ー脂漏性角化症とは?
中高年にできるイボの殆どが、老人性のものだと思います。「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」という別名を持つ「脂漏性角化症」というイボがあります。良性なので放っておいても問題ないのですが、見た目の悪さから取り除きたいという人も多いでしょう。私を悩ませたイボも多分これですね。
首イボの種類ースキンタッグとは?
スキンタッグもアクロコルドンと同じく、首イボの代表選手と言えるでしょう。こちらも老人性のイボですね。スキンタッグはアクロコルドンよりもやや大きめで突起も比較的大きく、肌色や褐色の他に黒っぽいものもある点が異なります。その分目立ちやすくて気になります。
首イボの種類ー軟性線維腫とは?
首イボの殆どは「アクロコルドン」か「スキンタッグ」であることが多いのですが、これらを総称して「軟性線維腫」と呼んでいる人もいます。ここではアクロコルドンやスキンタッグとは別種のイボとして扱います。それはアクロコルドンとスキンタッグとは、大きさだけでなく形や数、原因ではと考えられている要因にも多少違いがあるからです。
首イボの種類ー懸垂性線維腫とは?
「懸垂性線維腫(けんすいせいせんいしゅ)」は首イボとしても発生しやすく、そのうえ大きく存在感があるイボです。見た目も悪く、邪魔にもなりやすいため、切除手術を望む人は多いようです。ウィルス性ではないので、他の人への感染の心配はありませんが、徐々に増えていくため不安に感じる人もいるでしょう。