老人性イボの原因とは

MENU

老人性イボは加齢を原因とする良性の腫瘍

稀に転移などによって首にもウィルス性のイボができることがあるようですが、基本的には首イボはウィルス性ではなく老化性のもの、つまり加齢を主な原因とする良性の腫瘍なのだそう。

 

老化によるイボの中にも「脂漏性角化症」「アクロコルドン」「スキンタッグ」などなど幾つか種類があり、私の悩みの種だった首イボはアクロコルドンだったようです。

 

しかしいずれにしても、老化によるイボは同じことを原因にして発症するみたいです。

 

 

紫外線

紫外線によってシミができるのは誰もが知るところですが、老化性のイボができるのもこれとほぼ同じメカニズムです。

 

紫外線を浴びるとその刺激から肌を守ろうとして、メラニンを生成し丁度傘をさすかのようにして肌表面に広がります。

 

メラニンには褐色の色素があるためこれが日焼けとなるわけですが、メラニン色素を含んだ角質細胞がいつまでも肌に残れば、そこがシミとなるわけです。

 

 

 

この紫外線によってできるシミがそのまま盛り上がって老人性のシミを作ってしまうというケースも多いようです。

 

また紫外線のうち、UV-Aの方は波長が長く肌の真皮にまで達してコラーゲンやエラスチンを破壊するため、皮膚が乾燥しゴワゴワと厚くなって古くなった角質が剥がれ落ちず膨らんでイボになってしまいます。

 

このような紫外線のダメージを「光老化」と呼ぶそうです。

摩擦

肌が刺激から身を守ろうとしてメラニン色素を生成したり角質を分厚くしてしまったりするのは、何も紫外線だけではありません。

 

肌にとっては摩擦もそのような「刺激」の1つで、例えばいつも衣類で擦れたり肌同士が擦れたり、あるいはタオルでゴシゴシと体を洗ったりすることが刺激となって角質が分厚くなり、盛り上がってイボになることがあります。

 

    

ターンオーバーの乱れ

紫外線や摩擦などの刺激があっても、若い健康な肌であればターンオーバーによって古くなった角質は素早く剥がれ落ちて、新しいキレイな細胞に生まれ変わります。

 

しかし加齢と共に新陳代謝が衰える、つまりターンオーバーが乱れると、紫外線や摩擦によってダメージを受けた角質細胞が剥がれ落ちずいつまでも残って徐々に盛り上がり、イボを形成してしまうのです。
   
同じように紫外線や摩擦の刺激を受けていても若い人に首イボができにくいのは、ターンオーバーが正常だからなんですね。

 

うらやましい・・・。

 

それ故に、この種のイボは「老人性」と呼ばれているわけです。


関連ページ

首イボにもなり得る?ウィルス性のイボの原因ーヒトパピローマウィルスとは
ウィルス性のイボの原因である「ヒトパピローマウィルス」について解説しています。ヒトパピローマウィルスは別名「ヒト乳糖腫ウィルス」とも呼ばれ、英語の頭文字をとって「HPV」と表記されることもある、人間のみに感染するウィルスです。子供に多いのはこのウィルス性のイボでしょう。
首イボにもなり得る?ウィルス性のイボを予防する方法
ウィルス性のイボを掻きつぶしてウィルスが手に付着し、その手で首を触れば首イボができるという可能性はあります。このウィルスとは「ヒトパピローマウィルス」ですね。これに対する予防ワクチンはまだ存在しないため、患部に触れないことが感染や転移予防の基本になります。
首イボ予防に!紫外線を外から防ぐ方法
首イボの予防に紫外線対策は必須です。日焼け止めを塗ることはもちろん、長袖シャツや帽子、サングラス、日傘などでしっかりとガードしましょう。日焼け止めクリームの効果指数を表す「SPF」や「PA」についても解説します。首イボ予防には、どちらの方が大切だと思いますか?
首イボ予防に!紫外線を身体の内側から防ぐ方法
首イボの原因の1つである紫外線は、体の内側からも対策することができます。活性酸素を防ぐ抗酸化作用のある食べ物は、紫外線による影響対策に効果があるのです。抗酸化作用の強い食べ物を積極的に摂りましょう。反対に紫外線を吸収しやすくしてしまう栄養素もあります。それは・・・
正しい保湿ケアで首イボ予防!
首イボ予防に!摩擦を軽減させる方法
首イボは特に肥満の人にできやすいことから、摩擦も大きく関係しているのではないかと言われています。ということは、摩擦が起こらないよう注意していれば、首イボもできにくくなると考えられます。摩擦の起こらないスキンケアや、摩擦の少ない衣類を選ぶといった工夫をしていきましょう。
首イボ予防に良い生活習慣
首イボを含めた老人性のイボは、正しい生活習慣によっても予防できます。肌のターンオーバーは老化と共に滞りがちになりますが、正しい生活習慣を身に着けることで、ある程度そのリズムを回復させることができるというわけです。一度、睡眠・運動・入浴を見直してみて下さい。
首イボ予防に悪い生活習慣とは?
首イボのような老化性のイボは、肌のターンオーバーが滞って古い角質が溜まることでできるため、肌の調子が悪いときは首イボもできやすいということになります。首イボ予防に悪い生活習慣には、どんなものがあるのでしょうか?タバコ、ストレス、お酒、他には?
妊娠中首イボができやすいのは何故?
首イボは老人性のものですが、例え若くてもできてしまいやすいのが妊娠中ですね。私も息子を妊娠していた間、首イボに悩まされた経験があります。首イボにかかわらず、妊娠中には色々なトラブルを抱えがちなものですが、妊娠中に首イボができやすい原因を調べてみました。
妊娠中にお勧めの首イボ治療は?
妊娠中に首イボの治療をするのは、あまりお勧めできません。出産後に自然と消えることもありますし、母体やお腹の中の赤ちゃんに危険というわけでもないので、無事出産が済むまで放置しておくというのも1つの方法だと思います。だだどんなことができるのか、取り合えず調べてみました。