首イボ予防に外側からの紫外線対策

MENU

首イボの予防に紫外線対策は必須

首イボに悩まされたことのある人なら良くご存知だと思うんですが、首イボを含めた老化性のイボって、年々増えていくんですよ!!

 

もうできてしまったイボは仕方ないとして、増やしてしまうことはどうしても避けたい!ということで、老化性のイボを予防すべく、原因の1つとなっている紫外線対策を考えてみたいと思います。

 

 

日焼け止めクリームを塗る

紫外線対策の基本中の基本、日焼け止めクリーム。

 

ただ、日焼け止めクリームの効果指数を表す「SPF」や「PA」の意味を知らない人も結構いるみたいです(というか、私もそうでした)。

 

まず「SPF」とはUV-Bを防ぐ効果を表す数値で、紫外線が当たり始めてから日焼けしてしまうまでの時間をどれくらい遅らせることができるかを表しています。

 

例えば「SPF30」なら30倍遅らせることができる、ということですね。

 

通常日焼けは紫外線に当たりだしてから約20分程度で始まるそうですから、20分×30倍=10時間、10時間日焼けするのを延長できるという計算になります。

 

 

 

一方「PA]はUV-Aに対する防御効果を表す数値です。

 

UV-Aは真皮にまで届いて肌を老化させる紫外線なので、イボ予防としてはどちらかというとこっちが大切かと思います。

 

「+」が多い方が効果が高くなります。

 

で、結局どんな日焼け止めクリームがお勧めなの?と言えば、日本の場合は買い物などちょっとしたお出かけなら「SPF35」「PA++」、屋外のレジャーやスポーツをするなら「SPF50」「PA+++」以上が良いとのことです。

 

 

服装で紫外線カット

日焼け止めクリームは紫外線を大きくカットしてくれるとは言え、100%遮断してくれるわけではありません。

 

日焼け止めクリームの上から長袖シャツや帽子、サングラス、日傘などで更に紫外線を予防しましょう。

 

UVカット加工されたものならより効果的ですが、紫外線をカットする素材を生地に織り込んで作られているものとは違い、UVカット加工を出来上がった生地の表面に施しているものは洗濯を繰り返していると段々効果が薄れていきます。

 

またUVカット加工がされていなくても、黒や紺などの濃い色、ポリエステルやウールといった素材は紫外線を防ぐ効果があるので、日差しの強い日の服選びはこれらを意識したら良いでしょう。

 

 


関連ページ

首イボにもなり得る?ウィルス性のイボの原因ーヒトパピローマウィルスとは
ウィルス性のイボの原因である「ヒトパピローマウィルス」について解説しています。ヒトパピローマウィルスは別名「ヒト乳糖腫ウィルス」とも呼ばれ、英語の頭文字をとって「HPV」と表記されることもある、人間のみに感染するウィルスです。子供に多いのはこのウィルス性のイボでしょう。
首イボにもなり得る?ウィルス性のイボを予防する方法
ウィルス性のイボを掻きつぶしてウィルスが手に付着し、その手で首を触れば首イボができるという可能性はあります。このウィルスとは「ヒトパピローマウィルス」ですね。これに対する予防ワクチンはまだ存在しないため、患部に触れないことが感染や転移予防の基本になります。
首イボの殆どはコレ!老化性のイボの原因は?
基本的には首イボはウィルス性ではなく老化性のもの、つまり加齢を主な原因とする良性の腫瘍なのだそうです。「脂漏性角化症」や「アクロコルドン」、「スキンタッグ」など幾つかの種類はありますが、いずれにしても老化によるイボは、同じことを原因にして発症するようですね。
首イボ予防に!紫外線を身体の内側から防ぐ方法
首イボの原因の1つである紫外線は、体の内側からも対策することができます。活性酸素を防ぐ抗酸化作用のある食べ物は、紫外線による影響対策に効果があるのです。抗酸化作用の強い食べ物を積極的に摂りましょう。反対に紫外線を吸収しやすくしてしまう栄養素もあります。それは・・・
正しい保湿ケアで首イボ予防!
首イボ予防に!摩擦を軽減させる方法
首イボは特に肥満の人にできやすいことから、摩擦も大きく関係しているのではないかと言われています。ということは、摩擦が起こらないよう注意していれば、首イボもできにくくなると考えられます。摩擦の起こらないスキンケアや、摩擦の少ない衣類を選ぶといった工夫をしていきましょう。
首イボ予防に良い生活習慣
首イボを含めた老人性のイボは、正しい生活習慣によっても予防できます。肌のターンオーバーは老化と共に滞りがちになりますが、正しい生活習慣を身に着けることで、ある程度そのリズムを回復させることができるというわけです。一度、睡眠・運動・入浴を見直してみて下さい。
首イボ予防に悪い生活習慣とは?
首イボのような老化性のイボは、肌のターンオーバーが滞って古い角質が溜まることでできるため、肌の調子が悪いときは首イボもできやすいということになります。首イボ予防に悪い生活習慣には、どんなものがあるのでしょうか?タバコ、ストレス、お酒、他には?
妊娠中首イボができやすいのは何故?
首イボは老人性のものですが、例え若くてもできてしまいやすいのが妊娠中ですね。私も息子を妊娠していた間、首イボに悩まされた経験があります。首イボにかかわらず、妊娠中には色々なトラブルを抱えがちなものですが、妊娠中に首イボができやすい原因を調べてみました。
妊娠中にお勧めの首イボ治療は?
妊娠中に首イボの治療をするのは、あまりお勧めできません。出産後に自然と消えることもありますし、母体やお腹の中の赤ちゃんに危険というわけでもないので、無事出産が済むまで放置しておくというのも1つの方法だと思います。だだどんなことができるのか、取り合えず調べてみました。