首イボを自分で取ることはできるのか

MENU

自分で首イボを取る方法記事一覧

イボの治療薬として有名なのが、「イボコロリ」!市販薬なのでとりあえずコレから試してみるという人も多いんじゃないでしょうか。私も首イボ治療にイボコロリはどうかと調べてみたことがあります。イボコロリは絆創膏タイプと液状タイプ、そして比較的近年になって内服タイプも発売されるようになりましたね。その中で一番簡単そうなのが絆創膏タイプです。

私自身、足にできたタコや魚の目を取るのに散々お世話になったのが、サリチル酸を配合した「イボコロリ」です。イボコロリには絆創膏タイプの他に液状タイプもあり、絆創膏タイプがそのまま貼り付けて使うのに対し、液状タイプは患部に塗布して治療効果を促します。絆創膏タイプの方が簡単そうですが、液状タイプにもそれなりのメリットがあるので使い分けると良いですね。でもこれ、首イボの治療には使えるのでしょうか?

イボ治療薬の代表選手、「イボコロリ」は実は首イボには使えないと聞いてガッカリしていましたが、唯一、首イボにも使えて効果アリ!とされているイボコロリを発見。イボコロリには絆創膏タイプと液状タイプ、そして内服タイプがあるのですが、このうち内服タイプは首イボにもOKなんだそうです。というのも、外用薬タイプのイボコロリの主成分が「サリチル酸」という刺激の強い成分で皮膚の薄い首には向いていないのに対し、内服...

イボ治療薬「イボコロリ」の中で唯一首イボにも使えるという、内服タイプのイボコロリは、お馴染み絆創膏タイプや液状タイプのイボコロリと同様、赤と黄色のパッケージで、「イボコロリ内服錠」と書かれています。イボコロリ内服錠は第三類医薬品に分類されており、つまり服用の際に副作用のリスクが低いとされるお薬に入ります。しかしやはり副作用のリスクを避けかつその効果を最大限に引き出すためには、正しい使い方をする必要...

私の悩みの種、首イボに効く治療法を探していると、チラホラ出てくる「民間療法」。つまり医学的にはその効果が認められず「治療法」とは認められていないものの、多くの人に治療効果を発揮したため巷で「これが効く」と噂になっている「治し方」ですよね。調べてみるとイボ治療の民間療法も結構数多くあるんですが、その中でも一番身近で「え?こんなんで治るの?」と驚いてしまったのが、「ナス」でした。

手足や胸ならともかく、首イボは部位が部位だけに目立つので何とか取ってしまいたいですよね。いざとなれば皮膚科に受診する気で、まずは民間療法を色々試してみるという手もあります。ただし医学的な根拠がないし専門家が勧めているわけでもないので、あくまで自己責任で。例えばイボ取りの民間療法の1つに、「消しゴムで取れる」って聞いたことがありませんか?果たして消しゴムで首イボを「消す」ことができるんでしょうか??

首イボ治療法を探していると、目につくのが「木酢液」。民間療法、つまり医学的にはまだその効果が認められていないけれど巷では「効く」と噂になっている治療法の1つですね。これが私の首イボにも効いてくれれば、わざわざ皮膚科に相談に行かなくても良いので万々歳、なのですが・・・。

イボって結構多くの人の悩みの種になっているらしく、調べてみると色んな民間療法が紹介されています。私の首イボもできれば皮膚科にかからず、自宅治療で治ってくれれば良いのですが・・・。それにしても驚いたのが、「ダクトテープでイボが取れる」ということ。しかも民間治療ながら医療関係者からも「確かに効果がある」との意見も出ているようです。

以前にナスがイボ取りに効く!ということを聞いたことがありましたが、更に調べてみるとイチジクにもイボ取り効果があるみたいですね。イボ取りの民間療法として紹介されていました。イチジクというとあの、クワ科の和歌山県や大阪府なんかでも採れる果物ですよね。なんでもクレオパトラの若さと美貌の秘訣でもあったそうで、「不老長寿の果物」なんて呼ばれています。・・・が、果たしてこれが本当に私を悩まし続ける首イボにも効...

イボ治療のための外用薬として有名なのは「イボコロリ」ですが、イボコロリの主成分サリチル酸は刺激が強いため皮膚の薄い首イボには使わない方が良いとのこと。では首イボにも使える外用薬は他にないの??と探していてふと目にしたのは、「イソジンでイボが取れる!」という言葉です。イソジンって、あのうがい薬のイソジン??なんでイソジンでイボが取れるの?ホントにイボに使って大丈夫??と「?」が私の頭の中を沢山飛び交...

イボ取りの民間療法の中に、「ティーツリーオイルをつける」というものがあります。私の悩みの種、首イボにも使えるのか?効果があるのか?調べてみたことがあります。

今まで民間療法、つまり医学的根拠がないためあくまで「これが効くらしい」と巷で噂になっているだけの「治療法」の1つに分類されていた、「尿素クリームがイボに効く」という話ですが、2002年に日本臨床皮膚科医学学会が開催したシンポジウムの中で、この尿素によるイボ治療が公に認められたそうですね。そのシンポジウムにおける発表によると、尿素軟膏を処方した人と他の外用薬を処方した人とを比較した結果、他の外用薬で...

イボ治療に漢方を使用する人もいるようですね。首イボもそうですが、昔からイボに悩む人たちは日本や韓国にもたくさんいて、イボ治療のための漢方も多く開発・使用されてきました。そんなイボ治療に使用される漢方の1つに、「麻杏ヨク甘湯(マキョウヨクカントウ)」があります。

首イボにも効果を発揮してくれる漢方の代表的な生薬が「ヨクイニン」ですが、このヨクイニンを配合した漢方薬の1つが「桂枝茯苓丸加ヨク苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)」です。漢方にそれほど詳しくない私ですが、確か「桂枝茯苓丸」は婦人科系の悩みに効く三大漢方薬の1つに挙げられていたはず。これに「ヨク苡仁」を「加」えたものが「桂枝茯苓丸加ヨク苡仁」ということになりますね。

首イボに効く生薬と言えば「ヨクイニン」、それでヨクイニンを配合した漢方薬が首イボに効くと言われていますが、このヨクイニンを配合していない漢方薬の中でも「首イボに効く!」と巷で噂になっているものがあるようです。確かに治った!という人が沢山いるんだけど、イボを治すメカニズムについてはハッキリと証明されていない、つまり民間療法ですね。それは何かというと、「紫雲膏(シウンコウ)」という漢方薬。私は聞いたこ...