イソジンで首イボが取れる?

MENU

うがい薬がイボ取りに使える?

イボ治療のための外用薬として有名なのは「イボコロリ」ですが、イボコロリの主成分サリチル酸は刺激が強いため皮膚の薄い首イボには使わない方が良いとのこと。

 

では首イボにも使える外用薬は他にないの??と探していてふと目にしたのは、「イソジンでイボが取れる!」という言葉です。

 

イソジンって、あのうがい薬のイソジン??

 

なんでイソジンでイボが取れるの?ホントにイボに使って大丈夫??と「?」が私の頭の中を沢山飛び交い、詳しく調べてみました。

 

 

イソジンとは

ジンウォッシュやイソジン軟膏など等症状に応じて様々な種類から選ぶことができます。

 

いずれにしても特徴となっているのは「ポピドンヨード」という主成分で、このポピドンヨードとはヨウ素の酸化作用を利用した抗微生物成分なのだとか。抗微生物、つまり細菌、真菌(カビ)、ウィルスを抑制し殺す消毒効果を持つ成分ということですね。

 

イボの中でもウィルス性のイボは「ヒトパピローマウィルス」というウィルスに感染しこれが増殖することでできるものですから、この患部にイソジンを塗れば主成分であるポピドンヨードが作用しウィルスの増殖を抑え殺してくれるというわけです。

 

 

 

なるほど、これがイソジンでイボを取るメカニズムというわけですが、首イボの場合多くはウィルス性ではなく老人性なので、このメカニズムで言えばイソジンでは効果がないということになります・・・。

 

残念。

イソジンでイボを取る方法

イソジンでイボを取りたいなら、イソジンガーグルやイソジンウォッシュではなくイソジン軟膏を使用します。

 

まず患部を清潔にして、乾かしてから、イボ部分にイソジン軟膏を塗ります。

 

イソジンシリーズはポピドンヨードの色素により独特な茶色をしているので、これが服なんかに付かないよう注意しましょう。

 


塗った後に絆創膏を貼って保護しておくと良いですね。

 

1日1〜2回塗り直し、これをしばらく続けていれば改善されてきます。

 

ただ、良くなってきたかな〜と思ってもすぐに止めてしまうと再び症状が現れることがあるので、根気よくやりましょう。

 

それにこれはあくまで民間療法、つまりイソジン自身にはその効能としてイボ取りは含まれていないので、自己責任で行うようにしてください。


関連ページ

首イボには使えない?イボコロリ絆創膏タイプの特徴と使い方
イボコロリの絆創膏タイプは、首イボの治療に使えるのでしょうか?商品の特徴や使い方などから、どこにできたどんなイボに効果的なのかを判断してみました。イボコロリは絆創膏タイプの他に液状タイプ、内服タイプも発売されています。絆創膏タイプは、その中でも一番簡単そうですよね。
首イボには使えない?イボコロリ液状タイプの特徴と使い方
イボを取る薬「イボコロリ」には、絆創膏タイプの他に液状タイプもあります。それぞれに特徴がありそれぞれのメリットがあります。イボの状態によって、使い分けるといいでしょう。ただ首イボの治療薬として使うことはできるのでしょうか?調べてみましたよ。
首イボにも使える!内服タイプのイボコロリの主成分「ヨクイニン」とは?
イボコロリには絆創膏タイプと液状タイプ、そして内服タイプがあるのですが、この内服タイプのみ首イボに使うことができます。なぜなら外用薬タイプのイボコロリの主成分が「サリチル酸」という刺激の強い成分なのに対し、内服タイプのイボコロリの主成分は「ヨクイニン」だからです。
首イボにも効く!イボコロリ内服錠の飲み方やメリット・デメリット
イボコロリ内服錠は「イボコロリ」の中で唯一首イボにも使えるお薬です。第三類医薬品に分類されており、服用の際に副作用のリスクが低いとされるお薬に入ります。副作用のリスクを避け、その効果を最大限に引き出すために、正しい飲み方とメリット・デメリットを理解しておきましょう。
ナスでイボが取れるって本当?首イボには使える?
首イボの治療に「民間療法」を試す人もいます。その中でも一番身近で驚いてしまったのが「ナス」でした。ナスは水分ばかりで栄養的にはそれほど期待できない野菜だと思っていたのですが、その水分には「植物性アルカロイド」と呼ばれる成分が沢山含まれており、これがイボ取りに効果を発揮してくれるそうです。
消しゴムでイボが取れるって本当?首イボには使える?
イボ取りの民間療法の1つに「消しゴムで取れる」というのがあるのですが、ご存じですか?消しゴムで取ると言っても、何も鉛筆で書いたものを消すかのようにゴシゴシとイボを擦るってわけじゃありません。気になるその方法をご紹介します。果たして首イボに効果はあるのでしょうか?
木酢液でイボが取れる?首イボには効果あるの?
木酢液を使うのもイボ取りの民間療法の1つです。果たして、首イボに効果はあるのでしょうか?ここでは木酢液についての説明と「木酢液を使ってイボを取る方法」、「木酢液がイボ取りに効く理由」をご紹介します。民間療法と言ってもなかなか侮れないですよ。
ダクトテープでイボ取り?首イボにも使える?
首イボにも有効なのでしょうか?民間療法の1つである「ダクトテープでイボを取る方法」・・・実は医療関係者からも「確かに効果がある」との意見も出ているようです。ここではそのやり方と、イボが取れる理由についてご説明したいと思います。時間はかかりますが、痛みはないようですよ。
イチジクでイボが取れるって本当?首イボには使える?
以前にナスがイボ取りに効く!ということを聞いたことがありましたが、実はイチジクにもイボ取り効果があるようです。クレオパトラの若さと美貌の秘訣でもあったそうで、「不老長寿の果物」なんて呼ばれていまよね。果たして、首イボには効果があるのでしょうか?
ティーツリーオイルでイボが取れる?首イボには効果あるの?
イボに「ティーツリーオイルをつける」というのも、民間療法の1つです。ティーツリーオイルには免疫力を高めたり、感染症の予防、咳止め、筋肉痛・アトピー・口内炎・水虫などの予防対策、更にはストレス緩和や虫よけ対策なんかにも効果があるのだとか。果たして、首イボに効果はあるのでしょうか?
尿素クリームでイボが取れる?首イボには効果あるの?
「尿素クリームがイボに効く」という話ですが、2002年に日本臨床皮膚科医学学会が開催したシンポジウムの中で、この尿素によるイボ治療が公に認められたそうですね。果たしてこの尿素軟膏、これから首イボ治療の代表的な外用薬になり得るのでしょうか!?
首イボにも効く漢方薬「麻杏ヨク甘湯」とは?
イボ治療使われる漢方薬の1つに「麻杏ヨク甘湯」があります。基本的には関節や筋肉の痛みに対して処方される漢方で、特に冷えによって体の代謝機能が滞り体内に水を溜め込んで浮腫んでしまうタイプの人に適しています。ヨクイニンを配合したこの麻杏ヨク甘湯は、首イボにも期待できそうですね。
首イボにも効く漢方薬「桂枝茯苓丸加ヨク苡仁」とは?
「桂枝茯苓丸加ヨク苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)」という漢方薬には、首イボに効果的なヨクイニンが配合されています。「桂枝茯苓丸」は生理不順や生理痛などの婦人科系の悩みを改善するために用いられる漢方薬で、血行が良くなり老廃物を排出させ体の熱も整えることができるんですね。
紫雲膏でイボが取れる?首イボには効果あるの?
イボを治す民間療法の1つに「紫雲膏(シウンコウ)」という漢方薬があります。首イボにも効果がありそうですよ。ドラッグストアなどで気楽に買え、チューブタイプ14g入りで600〜1000円くらいと、結構リーズナブルなお値段で売られています。皮膚に対して万能の効果を発揮すると評判です。