イボとウオノメって何が違うの?

MENU

ウオノメはイボと間違えやすい皮膚の異常

イボと間違えやすい皮膚の異常の中に、ウオノメがありますよね。

 

勿論首イボと間違えることはありませんが・・・。

 

首イボの治し方を調べている時にふと思った「ウオノメとイボの違いは??」という点についてちょっと触れておきたいと思います。

 

 

ウオノメとは

ウオノメは「魚の目」とも書く通り魚の目に似ていることからつけられた名前ですが、その原因は長期間にわたる皮膚の1点への圧迫や摩擦で、同じ刺激が繰り返されることで角質層が固く厚くなってしまいます。

 

固くなった角質は変形し皮膚の内部に向かって円錐状に突き刺さるように伸びていくため、そこが芯となって見た目に魚の目のようになるのです。

 

またこの芯が真皮層にまで達して神経を圧迫すると、歩くたびに痛みを感じるようになります。

 

   

 

このウオノメの原因としては、小さすぎる靴を履いているためにつま先が靴に当たったり靴幅が狭いために両側から圧迫されたり、あるいは逆に大きすぎる靴を履いているために靴の中で足が動きいつも同じ部分に摩擦が起こったりすることが挙げられます。

 

あるいはハイヒールや先の細い靴などデザイン的につま先が圧迫されやすい靴を履いていたり、靴は正常でも歩き方に癖があっていつも同じところに体重がかかるなどいつも1点に摩擦や刺激が起こりやすい場合にも、ウオノメを作りやすくなります。

 

更には末端冷え性のような足先への血行不良が新陳代謝を滞らせ、足裏に角質が溜まりやすくなってしまうことも原因です。

 

 

ウオノメとイボの違い・見分け方

一方足の裏にできるためウオノメと間違えやすいイボは「尋常性疣贅」と呼ばれるイボで、これは角質の肥厚ではなくヒトパピローマウィルスによるものなので、そもそも原因が違います。

 

ウィルスが足の裏の細胞に寄生して増殖するために起こっているので、ウオノメのように進行して神経を刺激し痛みを感じるということもありません。

 

足の裏にあるため体重がかかってイボの突起がのめり込み厚い角質がそのうえを覆っていることも多いのですが、ウオノメのような芯はありません。

 

これが見た目の大きな違いでしょう。

 

また尋常性疣贅はウィルス性なので患部に触れると感染しますが、ウオノメは角質が肥厚しているだけなので感染の心配はありません。

 

 


関連ページ

イボとタコ、ウオノメの違いとは?
イボと間違えやすい足の突起物の1つにタコがあります。ウオノメとも判断が付きにくい、というよりその違いが分からない・・・という人もきっと多いでしょう。この違いが分からずに間違った自己治療をしてしまうと、良くなるどころか悪化させてしまいかねません。
首イボとホクロの違いとは?
首も含め体のどこにでもできて、イボと間違えやすいのがホクロですね。私も首にあったホクロと首イボの区別がつかなくなったことがありました。そもそもホクロって何なのでしょうか?イボとホクロの違いとは?ここで私が調べたことを分かりやすく解説します。
首イボと悪性腫瘍の違い・見分け方
老人性の首イボもウィルス性の首イボも、命にかかわるようなことはありません。しかし、イボだと思っていたものが実は悪性腫瘍つまり癌だった!となると一大事ですよね。ここでは「イボと間違えやすい癌」についてや「イボと皮膚がんの見分け方」について解説します。
日光角化症とは?首イボとの違い・見分け方
皮膚がんになり得るがん前駆症を「日光角化症」と言います。首イボだと思っていたら、日光角化症だったなんていうことにならないよう、しっかりと知っておいてください。日光角化症は紫外線、特にUV-Bを浴びることで皮膚細胞が傷つき、そのDNAが変異することで起こると考えられています。
イボとニキビ・老人性面皰の違いとは?
年配の男性に多い黒ニキビとも呼ばれる「老人性面皰」は首にも見られることがあるので、首イボなのか黒ニキビなのか判断しづらいことがあるかもしれません。ここで老人性面皰について説明しておきましょう。老人性面皰、黒ニキビは毛穴に皮脂や古くなった角質が詰まって酸化して黒くなったものです。