イボとタコ、ウオノメって何が違うの?

MENU

その足の突起物はイボ?タコ?

イボと間違えやすい足の突起物の1つ、「タコ」。

 

またウオノメとも判断が付きにくい・・というよりその違いが分からない・・・という人も多いですよね。

 

この違いが分からず間違った自己治療をしてしまうと良くなるどころか悪化させてしまいかねません。

 

首イボとタコやウオノメを間違えることがないと思いますが、同じ足にできやすい「尋常性疣贅」との違いは知っておいた方が良いと思います。

 

 

タコの特徴

タコはウオノメと同様足に継続的・慢性的に摩擦や刺激が加わることで起こります。

 

常に摩擦や刺激が加えられると、肌はその外部刺激から自分を守るための自己防衛として、角質を固く厚くさせるんですね。

 

例えばサイズの合わない靴やつま先が狭くなっている靴など、一点に集中的に刺激が加わる靴はタコやウオノメを作りやすくしてしまいます。
 
ただウオノメが肥大した角質が肌の内側に向かって伸びていくのに対し、タコは皮膚の外側に向かって角質が肥大化していく点が異なります。

 

そのためウオノメのように芯があるわけでもなくその芯が神経を刺激するわけでもないので、痛みを感じることはありません。

 

むしろ角質が厚くなるため感覚が鈍くなることが多いです。

 

また多くは足にできますが、「ペンだこ」などと言った言葉がある通り慢性的に同じところに摩擦が起こるなら足以外の、手や指その他どこにでもできる可能性があるのもタコの特徴です。

 

 

イボとタコの違い・見分け方

イボの中でも足にできるのは多くの場合、「尋常性疣贅」というウィルス性のイボ。

 

ウィルス性なのでウィルスを排除しない限り完治することはありませんし、患部に接触すれば感染する可能性もあります。

 

一方タコは前述の通り角質が肥厚化しているだけなので、その部分を除去してしまえば治りますし、感染の心配もありません。

 

ただ芯の有無でウオノメとタコの違いは見分けることができますが、タコとイボの違いは見た目で判断しにくいかもしれません。

 

 

 

タコと尋常性疣贅では治療法が異なる為、判断が付かないなら皮膚科に診てもらいましょう。

 

タコであれば自己治療でも治りますが、イボであれば皮膚科での治療の方が望ましいと言えます。

 

またウオノメ、タコ、イボのいずれでも、症状の程度によっては「サリチル酸」を主要成分としたイボコロリなどの市販外用薬で取り除くことも可能です。


関連ページ

イボとウオノメの違いとは?
首イボとウオノメを間違えることはないと思いますが、「ウオノメとイボの違い」については触れておこうと思います。ウオノメは「魚の目」とも書く通り、魚の目に似ていることからつけられた名前です。原因は長期間にわたる皮膚の1点への圧迫や摩擦ですね。
首イボとホクロの違いとは?
首も含め体のどこにでもできて、イボと間違えやすいのがホクロですね。私も首にあったホクロと首イボの区別がつかなくなったことがありました。そもそもホクロって何なのでしょうか?イボとホクロの違いとは?ここで私が調べたことを分かりやすく解説します。
首イボと悪性腫瘍の違い・見分け方
老人性の首イボもウィルス性の首イボも、命にかかわるようなことはありません。しかし、イボだと思っていたものが実は悪性腫瘍つまり癌だった!となると一大事ですよね。ここでは「イボと間違えやすい癌」についてや「イボと皮膚がんの見分け方」について解説します。
日光角化症とは?首イボとの違い・見分け方
皮膚がんになり得るがん前駆症を「日光角化症」と言います。首イボだと思っていたら、日光角化症だったなんていうことにならないよう、しっかりと知っておいてください。日光角化症は紫外線、特にUV-Bを浴びることで皮膚細胞が傷つき、そのDNAが変異することで起こると考えられています。
イボとニキビ・老人性面皰の違いとは?
年配の男性に多い黒ニキビとも呼ばれる「老人性面皰」は首にも見られることがあるので、首イボなのか黒ニキビなのか判断しづらいことがあるかもしれません。ここで老人性面皰について説明しておきましょう。老人性面皰、黒ニキビは毛穴に皮脂や古くなった角質が詰まって酸化して黒くなったものです。