首イボとホクロって何が違うの?

MENU

ホクロは首イボと間違えやすい?

イボと間違えられやすいとされているのはタコやウオノメですが、殆どは足にできるので首イボと間違えることはありませんよね。

 

一方、首も含め体のどこにでもできてイボと間違えやすいのが、ホクロです。

 

私の首イボもちょっと色がついていたので、「あれ?ホクロ?イボ?」と判断がつきにくかったため、ホクロとイボの違いについても調べていたことがあるんです。

 

 

ホクロとは

そもそもホクロってなんでしょう?

 

子供の頃から肌の特定の箇所にポツンとあって、特に不思議に思ったこともなかったんですが、考えてみれば変ですよね。

 

しかも時と共に気が付けば増えていることも!

 

ホクロとはメラノサイトが集まった「母斑」と呼ばれる先天性奇形のことで、ご存知メラノサイトとはメラニンを生み出すお肌の防御組織。

 

メラニンには褐色の色素があるので、メラノサイトがメラニンを作り出すと日焼けやシミ、そばかすとなって現れるわけですね。

 

ホクロはこのメラノサイトが他の皮膚より集中的に多く集まっているので黒い点になって見えます。

 

 

 

他の皮膚と違うから「奇形」と呼んでいるだけで、体として異常があるってわけではありません。

 

また「先天性」と呼ばれている通り基本的には生まれつき持っているものなんですが、実際には先ほど触れた通り年と共に増えていることがあります。

 

これはなぜかというと、紫外線や摩擦などの外部刺激を受けてメラニンが大量に発生し、そのうえ老化などによって肌の代謝が悪いせいでメラニン色素のついた肌細胞が剥がれ落ちず残ってしまうからです。

 

シミやそばかすができるメカニズムと殆ど同じってことですね。

 

 

イボとホクロの違い

一方、イボはウィルス性か老人性かのどちらかですが、首イボのように色が付いているタイプのイボは多くの場合老人性です。

 

老人性のイボは、古い角質が剥がれ落ちず固まって盛り上がることでできていますから、メラノサイトの集まりであるホクロとは似て非なるものです。

 

できてしまったイボとホクロは素人目には判断が付きにくいので、どちらか知りたければ専門家に診てもらうしかないんですが、いずれにしてもほとんどの場合良性腫瘍なので慌てて病院へ駆け込む必要はありません。

 

ただしホクロやイボだと思っていたものが急に大きくなったりその形がいびつだったり、更には出血や膿が見られたなら、早めに受診しましょう。

 

実は悪性腫瘍だったという可能性があります。

 

 


関連ページ

イボとウオノメの違いとは?
首イボとウオノメを間違えることはないと思いますが、「ウオノメとイボの違い」については触れておこうと思います。ウオノメは「魚の目」とも書く通り、魚の目に似ていることからつけられた名前です。原因は長期間にわたる皮膚の1点への圧迫や摩擦ですね。
イボとタコ、ウオノメの違いとは?
イボと間違えやすい足の突起物の1つにタコがあります。ウオノメとも判断が付きにくい、というよりその違いが分からない・・・という人もきっと多いでしょう。この違いが分からずに間違った自己治療をしてしまうと、良くなるどころか悪化させてしまいかねません。
首イボと悪性腫瘍の違い・見分け方
老人性の首イボもウィルス性の首イボも、命にかかわるようなことはありません。しかし、イボだと思っていたものが実は悪性腫瘍つまり癌だった!となると一大事ですよね。ここでは「イボと間違えやすい癌」についてや「イボと皮膚がんの見分け方」について解説します。
日光角化症とは?首イボとの違い・見分け方
皮膚がんになり得るがん前駆症を「日光角化症」と言います。首イボだと思っていたら、日光角化症だったなんていうことにならないよう、しっかりと知っておいてください。日光角化症は紫外線、特にUV-Bを浴びることで皮膚細胞が傷つき、そのDNAが変異することで起こると考えられています。
イボとニキビ・老人性面皰の違いとは?
年配の男性に多い黒ニキビとも呼ばれる「老人性面皰」は首にも見られることがあるので、首イボなのか黒ニキビなのか判断しづらいことがあるかもしれません。ここで老人性面皰について説明しておきましょう。老人性面皰、黒ニキビは毛穴に皮脂や古くなった角質が詰まって酸化して黒くなったものです。